自己流のヒゲ脱毛は危険!|ゴリラ顔負けな剛毛ヒゲ(髭)の永久脱毛!

中学3年生から高校卒業まで、ピンセットで髭(ヒゲ)を抜き続けたオレの話を聞いてくれ!自己流のヒゲ脱毛は危険なんだ!肌荒れ、炎症・吹き出物、ヒゲの埋没毛、毛色の変化、そして常に(爪などで)ヒゲを抜き続ける中毒の危険性を秘めている!

自己流の髭(ヒゲ)脱毛は危険だから止めてくれ!

中学・高校という貴重な思春期を、濃いヒゲに悩まされたオレは自己流のヒゲ脱毛法を実践していた。

毎朝、鏡を見ながらピンセットで1本1本(多くは3,4本一緒にだが)抜いていた。

なんと(;´゚д゚`)、時間にして約2時間!2分じゃない、20分じゃない、120分、2時間だ!

どうしてそこまで時間がかかるのか疑問に思う人は、ヒゲが伸びるスピードを見て欲しい。この状態からピンセットで抜いていく、まるで修行だ。

なぜピンセットでヒゲを抜くか?ピンセットで抜くと、肌はスベスベになるし、青い剃り跡も残らない。

当時、オレは素晴らしい脱毛方法を編み出した!と一人で喜んでいた。

しかし、ピンセット・ヒゲ脱毛には大きな落とし穴が待っていた。

ヒゲを抜いた箇所が炎症を起こしたり、毛穴から出血したり、そこに吹き出物ができたりした。

さらに、赤茶色のヒゲが生えてきたり、ついにはヒゲが毛穴内に埋没し、肌・皮膚の中で成長する埋没毛になったりした。

髭(ヒゲ)の埋没毛の処理は一歩間違うと悲惨な肌を生み出すぞ!

ピンセットで抜いたヒゲの毛穴で埋没毛になった写真

グロい写真なのでモザイク処理をしてある。これは毛が皮膚の中に埋まり、皮膚内で成長した様子である。

オレのヒゲの伸びるスピードは凄い。皮膚・肌が盛り上がるほどに埋没毛が育つ。どうやって処理したか?

T字カミソリでちょっと切って飛び出したヒゲを引き抜いた。当然、ちょっと出血した。絶対にピンセットでのヒゲ脱毛は止めた方がいい。

ただ、オレが学生時代は近隣にメンズクリニックなどはなく、ひたすら必死にピンセットで抜き続けた。

今現在のオレのヒゲの濃さ・太さは、3年間ピンセットで鍛えられたからかもしれない(いやマジで)。

実際、ピンセットでヒゲを抜く男性は多いと聞く。だが、いずれオレと似たような症状に苦しめられるかもしれない。

じゃあ、どうすればいいのかって?ヒゲ脱毛の専門クリニックに相談するのが得策だとオレは考えるよ。

使い続けて15年以上のピンセットでヒゲを抜いてみた

ピンセットで抜いたヒゲを指に付けている写真

写真のピンセットはオレが中学生の頃から使い続けているから、もう15年以上ものだ。

ピンセットでヒゲを抜く行為は、毛穴が開きっぱなしになりバイ菌が入ると炎症を起こす。

他にも埋没毛などの原因にもなる。今考えると恐ろしい脱毛をしていたな、と反省しきりだ。

広告・スポンサードリンク

髭(ヒゲ)に悩む人生を送るのか、髭(ヒゲ)の悩みj・コンプレックスを解消した日々を過ごすのか、すべて自由だ!

ページのトップへ戻る